美しい歯に仕上げるための一歩として受けよう【ピッカリ美人歯】

審美歯科として

歯並びが気になりだしたら。

歯科矯正が必要な歯並びは、見た目が八重歯や出っ歯や受け口などの審美的な物があります。 子供の矯正は親が永久歯が生えそろった子供の歯の歯並びを綺麗に揃えるために歯医者に連れていく事が多いと思います。 永久歯が生えそろうのはだいたい小学校の高学年となり、顎の成長が終わった頃から歯科矯正を始めます。 以前は学校でも歯科矯正の器具を付けていると珍しくて多感な時期の子供たちは嫌がったりからかったりする子もいて矯正自体に消極的でした。 ところが最近では大人になって歯並びの悪い大人の方が恥ずかしいと言う意識の方が強く、歯科矯正をしている子供たちは飛躍的に増えました。 ブラケットやワイヤーをしながらニコニコと笑って大きな口を開けている子供たちの姿がよく見られます。

これからの歯科矯正は。

子供の頃に歯科矯正を受けなかった大人が社会人になって歯並びの大切さを知り、矯正に挑戦している人達も大勢います。 歯並びの悪さは見た目だけでなく、かみ合わせの悪さによって体に不調をきたしたり、歯磨きがしにくく虫歯になったりします。 歯並びが悪いと口が常に開いてしまう事も多く、常に口呼吸をしている人もみられます。 口呼吸は喘息やアレルギーなどの疾患につながり、唾液の分泌にも影響し虫歯を誘発します。 子供の時にしっかり歯科矯正の治療をしてこの様な悪い習慣を直してあげる事が健康を守る上で大切です。 大人になってから長年続けてきた習慣を直す事は難しくなります。 永久歯が生えそろい顎の発育が終わった頃には歯医者で一度相談してみる事が必要です。