美しい歯に仕上げるための一歩として受けよう【ピッカリ美人歯】

費用や歴史を知る

矯正装置によって違う費用

歯科矯正をする場合知っておかなければならないのが費用の傾向です。矯正装具によってだいぶ費用が異なります。 社会人に人気の「透明マウスピース矯正(インビザライン・クリアライナー)」はクリニックによって30万円〜80万円の価格帯でかなり幅があります。さらに一ヶ月に一回の割合でフッ素研磨やクリーニングをする費用として6千円ほど必要になります。 「裏側矯正(フルリンガル)」の相場は120万円になります。フルリンガルも一ヶ月に一回ほどの割合で、9千円程度でクリーニングをする必要があります。上の歯だけ裏側矯正、下の歯は表側矯正をする「ハーフリンガル矯正」は90万円前後で、これも7千円前後で定期的なクリーニングが必要です。

世界の歯科矯正の歴史

歯科矯正の歴史はとても古く、ギリシャの紀元前1000年の遺跡の中から、歯科矯正に使われていたと思われる矯正装具が発見されています。今行われているような矯正が普及したきっかけとなったのは、18世紀にフランスの医師が不正咬合の治療を始めてからです。当時の矯正は半円形にかたどった木の板と糸を使っていたので、とても古典的な方法だったといえます。また、19世紀になると世界で初めて歯科矯正学をまとめたテキストが刊行されています。 今のようにワイヤーを使って歯並びを治療する矯正器具を完成させたのがアメリカの歯科医師エドワード・エンジェルです。エドワードはまた歯を抜かないで矯正をする非抜歯矯正も確立させています。